Bistrot Queue Leu Leu ビストロクルル 花澤商店

navi

  • メニュー
  • ワイン
  • アクセス
  • まだまだむの寝言
ご予約
メニュー ワイン アクセス まだまだむの寝言

まだまだむの寝言

なに寝言言ってんだよ、くらいの軽く広い心で見守ってください。

国境を超えて

フランス人はクロワッサン食べて、
イタリア人はフォカッチャ食べる。

フランス人はブイヤベースが好きで、
イタリア人はボンゴレビアンコが好き。

という分かり易いイメージは置いといて、
やっぱりフランスとイタリアは隣の国同士ですから
食材やお料理の内容は共通するのもが大いにあります。
フランス人だってお家でパスタ作って食べてるし、
イタリア人だってクロワッサンもブリオッシュも
エスプレッソに合わせて楽しんでおられるようです。

フランス料理におけるイタリア食材
U
いつもお世話になっております!

イタリアの葉玉葱「チポロット」♪
A
甘くてフレッシュで旨味が強いのです

そして、イタリアのグリーンピース
S
春をいち早く伝えるお豆「ピゼリ」です

瑞々しいラディッキオ・タルティーボ
H
これは生でバリバリ食べるのが一番!

肉厚で頼もしいキノコ、カルドンチェッロ
T
噛むとジューシーな旨味が溢れます♪

美味しいものに国境はありません。
それをどのように調理するかによって、
ジャンルという大まかな区切りがつくだけです。
日本の食材だってフランス料理になり得るしね。

ただ、どこの誰とは申しませんが、
「納豆とキムチで何か一品作ってみれば?」
という無茶ぶりはやめてね。