Bistrot Queue Leu Leu ビストロクルル 花澤商店

navi

  • メニュー
  • ワイン
  • アクセス
  • まだまだむの寝言
ご予約
メニュー ワイン アクセス まだまだむの寝言

まだまだむの寝言

なに寝言言ってんだよ、くらいの軽く広い心で見守ってください。

多種多様な表現

印象派寄りの写実主義だとか、
ネオ印象派寄りの象徴派だとか、
簡単にジャンル分けできないものがあります。
レゲェ寄りのアシッドジャズだとか、
ブルース寄りのソウルファンクだとか、
元をたどると何だっけ?みたいな。
コンサバ寄りのキレカジ系だとか、
エスニック寄りのガーリッシュだとか、
もはやどーでもいいわそんなん、みたいな。

しかしそれは、美術や音楽やファッションの
世界だけではありません。野菜の世界でも
ジャンル分けの難しい分野があるのです。

赤い万願寺唐辛子!
Manganji-1
京の伝統野菜でございます~

名前に「唐辛子」ってついちゃってるうえに
見た目が真っ赤なもので、うっかり民衆たちを
「辛そう~!」と震えあがらせてしまいそうな
雰囲気ですが、実際に食べてみると真逆の印象。
それはそれはフルーティで瑞々しく、優しい
甘みと爽やかなエキス感。唐辛子ってよりも、
「フルーツ寄りのパプリカ系」って感じです。

果肉が厚くて種が少ないのです♪

「万願寺甘とう」とも呼ばれています

フェミニン寄りのモード系スタイルに身を包んで
パンク寄りのハードコアをバックミュージックに
新古典派寄りのロマン主義の絵画を眺めながら
フルーツ寄りのパプリカ系野菜を味わってみたら、
今まで見えなかった世界が開け、より新しい
ジャンルが生まれるかもしれません。