Bistrot Queue Leu Leu ビストロクルル 花澤商店

navi

  • メニュー
  • ワイン
  • アクセス
  • まだまだむの寝言
ご予約
メニュー ワイン アクセス まだまだむの寝言

まだまだむの寝言

なに寝言言ってんだよ、くらいの軽く広い心で見守ってください。

鉄板の言い伝え

シェーブルチーズの素晴らしさを知ったら、
ワインの世界やマリアージュの世界に厚みが増し、
より文化的に楽しめることは間違いありません。

香り高い白ワインと一緒に

胡桃やレーズンと合わせて ♪

しかし、シェーブルチーズは好き嫌いが激しいのも
事実。独特の風味を持つ山羊ミルクが原料ですから、
当然出来上がったチーズも山羊の個性が感じられます。
実は、最初から「美味しい!」と感じる人よりは、
最初は苦手だったけど何度か挑戦しているうちに
いつの間にか好きになってしまった人の方が多い
(うちの店ではそういうパターンが多い)ような
気がします。だからこそ、「食わず嫌い」になって
しまうのはとっても勿体ないチーズなのです。

シェーブルチーズには、ソーヴィニヨンブラン
sancerr
これぞ、鉄板の組み合わせです♪

シェーブルのメッカであるロワール地方。そこで
生まれるソーヴィニヨンブラン(白ワイン)は
桃や熟した林檎、フレッシュハーブの香りがあり、
シェーブルチーズとの相性は抜群であるという
先人たちの教えが永く伝えられ続けております。
独特のホロ苦みを伴った味わいのシェーブルは、
たっぷりした果実味のソーヴィニヨンと合わせると
味に深みが増し、甘みと苦味、酸味が素晴らしく
融合し、更にソーヴィニヨン特有のハーブ香が
全てを調和させる役目を担います。それによって
山羊チーズはよりまろやかに、ソーヴィニヨンは
より洗練された味わいに変化するのです。

例えばこんな食べ方も

イベリコ豚のサラミを加えたサラダと一緒に

フレッシュで柔らかく仕上がったシェーブルは
ミネラル分たっぷりな辛口ソーヴィニヨンと。
熟成を重ねてホクホクした触感に仕上がった
硬めのシェーブルには芳醇なソーヴィニヨンを。
軽く焼いてバケットにのせてもいいし、リンゴや
ナッツを合わせても楽しい。まずは、苦手意識を
とっぱらって、先人の声に耳を傾けてみませんか?