Bistrot Queue Leu Leu ビストロクルル 花澤商店

navi

  • メニュー
  • ワイン
  • アクセス
  • まだまだむの寝言
ご予約
メニュー ワイン アクセス まだまだむの寝言

まだまだむの寝言

なに寝言言ってんだよ、くらいの軽く広い心で見守ってください。

波乗りシェリー

テンション上がんないっすよ、全然。
亜熱帯みたいな気候でつけるマスクのウザさとか、
不安を煽る事を目的として(?)なんだかエラソーに
ぱたぱた飛び交っている情報とか、楽しみにしていた
イベントの中止とか、行けなくなった旅行とか。

ああ、世界はすっかり閉塞感に包まれている‥
と思い込んで、その波にうっかり飲み込まれて、
鬱々と暮らす癖がついてしまってはいませんか?
でも、こんな中でも生きて行かなくちゃいけないし、
生きていく以上はそれなりに楽しい事とか刺激とか
ワクワク感がなくちゃやっていけないってもんです。

そこで、テンション上がるお酒が登場

洗練された食中酒、シェリーをどうぞ!

音楽用語で使われる「テンション」の場合、
安定した和音にちょっと不安定なコードをプラスして
一時的に緊張を用いる手法のことを指しますが、これは
次のコードで解決する事が前提で使われるので、緊張は
ワクワク感へとシフトし、最終的には高揚感の部屋へ。
テンションを使う事によって生み出される緊張感と期待、
それによって、情緒的で洗練された音楽が生まれるのです。

それと同じ作用がシェリー酒にもあるのです!
Shery
辛口から大甘口まで、多種多様なシェリー

アペリティフには泡、魚には白、肉には赤、とか
決めつけなくていいのです、軽めの前菜に辛口シェリーを、
魚料理に果実味のあるシェリーを、そして肉料理のソースが
芳醇なマデラ酒だったりしたら、ちょっと甘めのシェリーを
合わせたっていいし、逆にナッツ香のあるシェリーにして
マリアージュに奥行きを持たせたっていいのです。

閉塞感の波にぷかぷか浮いて過ごす残暑よりも、
テンション上げる扉をこじ開けて、緊張とワクワク感と
高揚感を手に入れたら、いつの間にか閉塞感の波が
遥か彼方に引いているかもしれませんよ!